スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

シャルトルのノートルダム大聖堂(フランス・パリ旅行その2) 

DSCF0152.jpg
世界遺産、シャルトル大聖堂の中。
薄暗い建物の中は、大きな声禁止。静かでひんやりした空間はおごそかな感じ。

一般的にシャルトル大聖堂って言われるけど、ここはノートルダム大聖堂。
実はやたらといっぱいあるノートルダム大聖堂。
なんでかってえと、「ノートルダム」って「ノートル(我らの)」 「マダム(貴婦人)」って意味。
そう。キリスト教で我らの貴婦人っつたら、マリア様でしょう。
キリスト本人でなく、ママのマリア様を祀ってるところはノートルダムって名前なんだと。
知らんかっただー!


※画像いっぱい載せたいので続き以降はサムネイル表示にしてます。
 見たいのあればクリックで拡大してくださいな♪


午前中はシャルトル大聖堂の見学。
バスでシャルトルの町へ。

DSCF0113.jpg
到着♪
残念ながら外装を修復中。くっそう。外観写真が台無しや。。。
ネットが掛かってる部分が有名なバラ窓。


DSCF0116.jpg
左の塔と右の塔は作られた時期が違う。
デザインもかなり違うけど、左の塔の方が手が込んでる感じ。
こっちは16世紀のものやってさ。日本はその時何してたって言うと、室町幕府よあーた。
こんな高い建物見たら泡吹いちゃうだろな。。。。室町の人。


DSCF0121.jpg
右の塔の中ほどにあった顔。こえーよ!


でわ。中に入ります。大聖堂の中にトイレはなし。
すぐ近くのお土産屋さんに有料(40セントユーロ)のトイレがあり。
本当はこの時トイレに行きたくて堪らんかったけど、自由時間を取る前に見学するとかで、
「私トイレ先に行きたいでーす!」なんて言う勇気もなく、モジモジしながら内部に入る。。。

あ、ちなみに教会の出入り口が西を向いてるのは、キリスト教の聖地エルサレムがある方角やからって。
ふーん。


DSCF0129.jpg
暗ーい!そんで広ーい!
教会が奥にむかって細長いのは、上から見たら十字架に見えるようにだってよ。
ちゃんと十字架の左右に伸びる部分もあるのよ。


DSCF0132.jpg
この重そうな石で出来た大聖堂を支える天井。
ゴシック建築の最高峰らしい。重さは斜めに交差するアーチを伝って、横の壁面に流れていくので、
上にそびえる石の塔の重量に耐えれるらしい。
なんか良く分からんけどすごいのぅ。


DSCF0125.jpg
それではこっからがお目当てのステンドグラス。
私はステンドグラス大好き♪
結婚式も大きなステンドグラスのある教会で「マリアベールでおごそかに嫁いでくアタシ」が夢だったけど、
外国ビビリだったので、言葉の通じないヨーロッパ挙式を諦め、日本人の大好きなワイハに変更した。
でも、いくらヨーロッパでもここまで立派なステンドグラスってないのよね。
ハワイで正解でした。

ま、ステンドグラスでもどうぞ。
DSCF0134.jpg

DSCF0141.jpg

DSCF0144.jpg
ステンドグラスは字の読めない信者にも絵を見れば教えが分かるようにしたもの。
このステンドグラスは天地創造の話。
空や大地、色んなものを作った神様が、自分に似せてアダムを作ってみたのは天地創造6日目。


DSCF0149.jpg
ヘビにそそのかされて禁断の果実(知恵の樹)のリンゴを食べよったアダムとイヴは、
知恵がついて自分達がスッポンポンだった事に気がつく。「えー!!わてら裸やしっ(ll゚д゚ll)!!」
急に恥ずかしくなってとりあえず葉っぱで身体を隠してみたけど、まだ恥ずかしいから木陰に隠れた。
昨日まで、すっ裸で楽しく笑ってた二人の変化にハッハーンと気がついた神様が、
「っていうか、あんたらあのリンゴ食べたんじゃね?」
って聞いたけど、アダムは「俺は食べてないけど・・・・イヴが食べた」とのシレっとたまった!
(食べたくせになんて奴だ。しかも人のせい。)
神様はこいつらがまた言いつけ破って、永遠の命を授かる「生命の樹」の実まで食べたら大変だば!
って事で、エデンから二人をソッコーで追放した。
二人はただの人間になってしまったけど、アダムは930歳まで生きたらしい。(それ人間じゃないし)


DSCF0161.jpg

DSCF0165.jpg

DSCF0170.jpg

DSCF0175.jpg

DSCF0179.jpg
大きな十字架。下に見えるのが受付。
ここでイヤホンを貰って、ガイドさんからの話を聞く。大きな声は禁止だから要イヤホン。


DSCF0183.jpg

DSCF0187.jpg
一番大きなバラ窓。大聖堂の左側にあった。


DSCF0188.jpg
このステンドグラスを作ったのは王家の人。
ユリの紋章がその証。
(下部分の青と黄色のステンドグラスにある剣のようなバトミントンの羽のような形のが王家の紋章)


DSCF0198.jpg
真ん中はベビーイエスを抱くマリア様。
王家が作ってるから、王家の人に似せてあり、右側の聖人は金髪の白人に変えられてる。


DSCF0200.jpg
こんなシンプルなのもあるよ。
古いものは12世紀に作られたものがそのまま残ってる。
12世紀ってwikiで調べたら、日本は「平安時代後期から鎌倉時代最初期」だってよ。
すげー!すげー!寝殿造とかいうてる場合じゃないやん!ゴシック建築すんごい☆


DSCF0202.jpg
暗いでしょう。でもこれも同じステンドグラス。
閉ざされた大聖堂の中でろうそくを使うから、ガラスがススで汚れるらしい。
定期的に修復(お掃除)してるから、今もキレイな色な訳。
私が行ったときは主要なステンドグラスが全部綺麗な状態で見れたからラッキーなんだって♪

DSCF0204.jpg
大聖堂の奥のほう、ズラーっと並ぶ石像のみなさん。
キリストの生涯が分かります。


DSCF0211.jpg
有名な受胎告知の場面。
大天使ガブリエルが生娘のマリア嬢が神の子を妊娠したことを報告しにきたところ。
マリア様がさすがにびっくりしたような、困ったような顔をしてます。
結婚前に男を知ってたり、妊娠してるだなんて重罪だったので、大天使ガブリエル(か、その使い)は
ちゃんとマリア様の婚約者であるヨセフにも報告に行った。
「おたくのフィアンセは妊娠したんやけど、ちゃんとまだ生娘でお腹の子は神の子やから、
浮気はしてないよ。安心なされよ。ベビーを二人でしっかり育てるんよ!」って。
聖書の話すごく面白かった。分かりやすく漫画になってたりしないかな??


DSCF0216.jpg
これがメインイベント!
シャルトルブルーと呼ばれる。美しいブルーの中でも一番高価で難易度の高い淡いブルー。
ベビーキリストを抱くマリア様に使われてます。
本当にキレイ・・・
この真ん中のマリア様部分も12世紀のもの。日本は平安後・・・(省略)


DSCF0221.jpg
周りの部分はもう少し後の時代に作られたらしい。


DSCF0227.jpg
入れない場所にあったから、柵の間から撮影。
聖母被昇天の場面で、マリア様が人生を終え、天国を昇っていくところ。


DSCF0236.jpg
ここの一番のお宝(聖遺物)は、マリア様がベビーキリストを出産していた時に着ていたとされる衣。
受胎告知の時に着てたって節もあるみたい。
とにかくヴァージンブルーの聖なる衣で、この小さなほこらに入ってるのだ。
大聖堂が火事で燃えた時にも、この衣は燃えずに残った(地下の宝物殿にあったからという説も)、
人々はマリア様の奇跡だと思って、大聖堂の再建のために多額の寄付をしたので、
わりかしすぐに再建出来たのだと。


DSCF0242.jpg
大聖堂の奥にある祈りのスペース。
伝説に基づいた柱のマリアの像。イエスを抱いて柱の上に立ってます。


DSCF0244.jpg
立ってます。ちょっと怖い。。。


DSCF0247.jpg
ダメ押しのステンドグラス。


DSCF0250.jpg


DSCF0252.jpg
外観の写真でネットが掛かっていた、玄関上部のバラ窓。
奥のバラ窓に比べるとちょっと地味。
でもシャルトルブルーがいっぱい。


DSCF0272.jpg
大聖堂中央から見たところ。離れてみた方がキレイかな♪
今日はミサかなんかでイスが置かれてるけど、床にはラビリンスと呼ばれる迷路が書かれていて、
その床の迷路を瞑想しながら辿ると大聖堂の真ん中に行き着く。
面白いシステムだねー(*´∀`*)


DSCF0264.jpg
祈りのろうそく。


ふー。やっと自由時間になった。
風のような速さで大聖堂を出て、お土産屋さんへ本気ダッシュ。
40セントを払って、やっとトイレに行けた。間に合ったー♪
この歳で、しかも外国漏らしたら立ち直れないわ(´Д`。)
スッキリ優雅な気分で大聖堂に戻り、大聖堂内のショップを物色。


DSCF0282.jpg
大聖堂を出たらランチ♪


DSCF0285.jpg
サラダ。野菜少なめ。肉々しい。。。


DSCF0286.jpg
牛肉の赤ワイン煮。肉々しい。。。
フランス料理は日本で食べるのが一番いいです。
あっちは何でも味が濃くってノドが乾くばっかでした(´・ω・`)


午後はバスでノルマンディ地方モンサンミッシェルまで350キロの大移動。
スポンサーサイト
[ 2008/09/15 22:31 ] フランス・パリ旅行♪ | TB(0) | CM(4)

かな吉さん♪

考えてみれば、聞いて「おおぉ!」と思うような
面白い話じゃないと、たくさんの人に伝わらない
ですもんねー。
ヒンドゥー神話も気になります☆

ステンドグラス綺麗でした。
が、記事にも書いたとおり膀胱の限界が来ていて
そっちの神経の半分以上を使ってたので、
よく覚えてません(笑)
[ 2008/09/24 21:22 ] [ 編集 ]

ステンドガラス、すごーいキレー☆
ほんとすっごいステキです
いいなーフランス
アダムとイヴの話おもしろいですね
昔の神話って結構おもしろいですよね
私はヒンドゥーの神話が好きだったりします笑

ぜひモンサンミッシェルもUPもお待ちしておりまーす♪
[ 2008/09/21 12:26 ] [ 編集 ]

さぁ夫人♪

そうやなぁ、ベルバラ世代は行くべきやわ!
何百年も前やのに、あちらのインテリアは今見ても
素晴らしい!ベルサイユ宮殿は今すぐ持って帰りたい
家具の宝庫やった☆
でも2年で1㎡しか作れないとか言う最高級の
ゴブランを発注するお金はどこにもないわwww

聖書は漫画で始めるわ!
手塚センセイのとかやと、楽しく読めそう♪
ギリシャ神話も面白いし、日本神話も面白いのに
もっと身近に読めるように現代文で小説とかに
してほしいわ(*´∀`*)
[ 2008/09/18 22:47 ] [ 編集 ]

これはすごい!
やっぱ死ぬまでに一度は行くべきやな。フランス。
それにしても外装工事中ってww台無しやなw
室町の建造物と言えば代表的な金閣寺銀閣寺があるけど
やっぱヨーロッパのほうがいいね。

聖書は読んでみるとおもしろいよ。
新約のほうは信仰がないと読むのダルイけど
旧約のほうはただの物語やからわりと読める。
漫画とか探したらありそうやな。
なんせ世界で一番読まれてる書物は聖書らしいし。
[ 2008/09/16 07:52 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kawaiiosan.blog83.fc2.com/tb.php/382-7ca06e5b








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。